ムーバグローブ
型番 MG-6-STW
定価 55,000円(内税)
販売価格 55,000円(内税)
在庫数 売切れ中

ムーバグローブは自然界に存在する磁場と極わずかな光エネルギーによって、半永久的に回転をする地球儀。
NASAの衛星写真を基に緻密で高精度の画像は、学術的な地球儀を超越した現代のオブジェ。 その神秘的な運動は、張りつめた現代人をリラクゼーションの世界へと導きます。
自転している映像はこちら

6インチ(約15cm)ムーバグローブ 販売価格:55,000円(税込み/送料・代引き手数料当社負担)
※お客様のPC環境によって、実物と色が若干異なって見える場合がございます。
※NASAの衛星写真を使用した6インチのムーバグローブは弊社だけの取扱いです。


ご使用上の注意
グローブの中の太陽電池は、内側の球を通って入る少量の光を電流に変えます。 動力はこの電流を利用し、磁気作用と重力によってグローブが自転します。 そのため、明るさや地球の磁場によって1つ1つのグローブが異なる動きをします。 微妙な回転スピードの違いや、動く方向はそれぞれのグローブが個性と雰囲気をもっているかのようです。
  1. まず最初にグローブを十分な明かりのある所を選んで置いてください。(直射日光がたくさん当たる窓辺などはグローブの色褪せの原因となります。) 必要に応じて室内のいろいろな場所でグローブをためしてみてください。
  2. グローブをスムーズに機能させるために、室内やオフィス内のどこで最適な地球の磁場を得られるかを探すのはとてもむずかしいことです。一般的には、窓辺で地球の良い磁場を得ることが多いです。(直射日光注意) また、パソコン、モニター、テレビの上などの近くに置くのは避けてください。これらの電気製品は、グローブの動きに影響を及ぼす過度の電磁気を発生する可能性があります。
  3. 外側のプラスチック球の接合部分が内側の球の赤道と同じく水平になるよう注意深くセットしてください。(接合した接着剤は入念に磨いていますが、光の加減で接合部分が見える場合があります。)
  4. 液体を注入するための穴が封印されています。その穴が外側の球の上部にならないよう、確認してください。もし、上部になっていた場合は底部に穴がきて、接合ラインが赤道と水平になるようにセットしてください。

お客様からのよくある質問
Q1:ムーバ・グローブに付いている台でなく、別の台を使ってもよいですか?
A:
はい。ただし、磁化した鉄や他の合金でできた台は使えません。台が磁化した材料を含んでいるか確認するために永久磁石を使って、その台に近づけてください。永久磁石が台に引きつけられた場合、その台は使用しないでください。木、アクリル、クリスタル、石、などでできているものは使用できます。 また、台が落ちたり、転がったりしないように安定した安全な場所に置くようにしてください。 それから、思わず落ちて、装置がダメージを受けることのないよう下記の内容より高い位置で台を使わないでください。 6インチのムーバ・グローブでは高さ6インチ(約15cm)以下。
Q2:ムーバ・グローブは、屋外でも使えますか?
A:
はい。しかしながら、本来、室内用として設計されたものなので外で使用するとプラスチック材料や印刷部分が過度の光、熱、湿度、雨、その他極端な気象変化にさらされることになります。 そのため、球が変形したり、地図の色が褪せたり、液体が化学変化をおこしたり、太陽電池装置の部品を使い過ぎる状況が生じます。屋外での使用の場合は、グローブの保障はできません。
Q3:グローブが誤って落下し、液体がもれた場合は、どうしたらいいですか?
A:
1.液体のもれたグローブは火気のあるものや子供、ペットから遠ざけてください。 2.グローブをしっかり密閉できるビニール袋に入れ、液体が外に出ないようにしてください。 3.ペーパー・タオルなどで液体のついたじゅうたん、床、家具、衣服をすぐに拭き取ってください。必要に応じてぬるま湯、又は石けんを使ってください。 4.手は石けんで洗ってください。 ※グローブが落下した場合、外側プラスチック球上の接合ラインが破損していることもあります。また、内側の球もダメージを受けていることがあります。このような破損の場合、修理不可能となり、取り替えについては有料になります。保障は全くありません。
Q4:グローブの上部に泡が出てきたらどうしたらいいのですか?
A:
製造中に内側の球と外側の球の間にある液体の量が変化したことを示します。気温や湿度が極度に上昇したために、外側の球が膨張したことが原因かまたは、内側の球か外側の球から液体がもれたことが原因と考えられます。 1.液体のもれが箱から取り出した時にすぐわかるのならば、それが、内側の球からか、外側の球からかを確認してください。内側の球からのもれの場合、小さな泡の一連がもれ口から上部に動いているのがわかります。すぐに修理をしますのでお客様サービスセンターへご連絡ください。 ※液体もれしたグローブをしっかりと密閉されたビニール袋に入れ、入っていた発泡スチロールに入れるか、その発泡スチロールがない時は、グローブを完全におおえる緩衝剤に包み、丈夫な段ボール箱に入れて、返送してください。 内側も外側からも、もれがない場合、運搬中等での極度な環境変化で泡が発生することがありますが、泡はしだいに消えるでしょう。動作環境は屋内で室温15℃〜32℃、湿度70%以下が推奨です。確認してください。 泡が2、3日しても消えない場合、お客様センターにお電話ください。プラスチックの球が変化しないように、グローブに液体を加える必要があります。 2.落下後に泡が生じた場合、液体のもれかどうかを見つけるために、1.のチェックをしてみてください。たいてい泡が原因のことが多いためです。 3.設置後、落下もしてないのに、泡が突然発生した場合、何らかの環境の変化によるものです。特に高い湿度と急激な気温の上昇の2つの条件がそろうと泡が球の上部に発生します。くれぐれもグローブを置いている室内環境を調整し、あるいは、室内でなくてもグローブにとって適した環境に設置してください。適合環境では泡はしだいに消えます。 ※気温や湿度によって泡は自然に発生したり消えたりします。 今後、私共は気温や湿度に関連する泡の大きさをもっと正確に測ることを計画しています。将来、お客様にとって役に立つ温度計や気圧計になることでしょう。
Q5:グローブがなかなか動きませんが・・・?
A:
考えられる原因は明かりが十分でないか、極端に地球の磁場が弱いためか、または、商品の欠陥によるものです。まず十分な明かりがあるか、確認してください。最良の地球の磁場を確保するために窓の近くにグローブを移してください。 それで動き始めれば装置は大丈夫です。室内やオフィス内の地球の磁場は、その箇所によって異なります。 グローブが動かない場合は、グローブを手に持って赤ちゃんを揺り動かすように、左回り(反時計回り)に回転するよう、やさしくゆすります。わずかな摩擦力で動きが止まっています。たいていの場合、この動作で動き始めるでしょう。 それでもまだグローブが動かない場合、欠陥商品である恐れがあります。その際は、どうぞお客様サービスサンターへご連絡ください。 ※しばらく暗所でグローブを休ませたり、箱から取り出されて急激に光にさらされた場合、グローブの回転がスムーズにいかないことがあります。その現象を「光ショック」と呼びます。グローブに突然光があたると、極度の動作状態となりその結果、グローブが維持できる自転運動のための磁場を固定するのに失敗します。 1つの簡単な解決方法は、グローブの回転が軌道にのるまで、グローブへの光を紙などを使って、弱くすることです。その後に紙を取り除くと回転し始めます。
この商品について問合わせるこの商品を友達に教える買い物を続ける